【米子市・境港市周辺】

専門式場

Rochelle Antique ロシェル・アンティーク

クリスタルが輝くチャペル挙式とハイクオリティな写真が魅力

プロ写真家全国大会で5年連続グランプリを受賞したフォトグラファー・柳楽昌史主宰のフォトスタジオ『NASH-ARTS』がオープンした式場。「チャペル挙式プラン」は、3万個のクリスタルが敷き詰められたバージンロードと幻想的に灯るシャンデリアの中、ゲストの祝福を身近に感じられるアットホームでぬくもりある幸せな結婚式を挙げられる。また、写真は『NASH-ARTS』による高品質でハイセンスなものが残せる。映画のワンシーンを思わせる撮影スペースをはじめ、スタジオセットは500パターン以上と中国地方でも最大級規模のスタジオがあるので、2人の好みに合った撮影をすることができるはず。もちろん前撮りも可能。結婚式に限らず各種記念撮影にも対応してくれる。一生に一度の記念として、そしてそれ以上に残るいつまでも大切にしたくなるような写真を残すなら、ぜひ一度ご来店を。
挙式スタイル
教会式
神前式
人前式
仏前式
料理種類
日本料理
フランス料理
イタリア料理
中国料理
折衷料理
クリスタルが輝くチャペル挙式とハイクオリティな写真が魅力

ニュース

 
2017/03/23

フラワーガール

結婚式の演出のひとつに「リングボーイ」を紹介しました

小さなお子さんが慎重に指輪を持って

緊張しつつ頑張って運んでくれる姿は

厳粛な結婚式の中にどことなく

温かな空気を流してくれます


今回は同じようにゲストに協力してもらう
演出のひとつ。

「フラワーガール」をご紹介します



新郎新婦様が入場の際に歩くバージンロード。

新婦様が歩く前に女の子が花びらをまきながら

歩きます。


諸説ありますが、キリスト教式(欧米式)では

何かを撒くことは悪魔や悪霊など悪いものから

身を守る、清める
などの意味があるそうです

結婚式の退場の際のフラワーシャワーやライスシャワーも

同じ意味です。


つまり、フラワーガールたちが道を清めてくれるわけです。


キリスト教の本式であれば厳密な決まりが
あるのかもしれませんが、
日本ではほぼ演出となっているので、
やり方に厳しいルールはほとんどありません。

というかロシェル・アンティークでは決めてないです。
といったほうが正確です


新郎新婦様と事前の打ち合わせで
こういう形にしましょうと話し合って決めます。

ですから、

フラワーガールたちが先に入場して
花びらを撒いたあと、
新婦様とお父様というのもあれば、

フラワーガールたちのすぐ後ろを
新婦様とお父様が追うように入場する場合もあります。

年齢も本来は小学生以下が多いと思いますが、
事前に新郎新婦様からフラワーガールを
してほしいお子さんと親御さんにお願いして
OKをもらえば年齢に制限は必要ないかなと思います。

フラワーガールの服装にも本来だと通例があるようですが、
日本ではそこまで厳密にされる方は少ない印象です。

お子様が活躍してくれるだけで十分!
素敵な演出になりますよ

ご参考になさってください。

◇◆◇◆ ロシェル・アンティーク ◇◆◇◆

鳥取県米子市灘町3-65
TEL:0859-30-2227
(定休日: 毎週月曜 毎月第一火曜)

ロシェル・アンティークの公式インスタグラムがあります。
挙式中に撮った写真などが載っていますので、
ご参考になるかと思います。

よかったらのぞいてみてください♪

インスタグラムをインストールしていなくても、
アイコンの横のrochelle_antiqueをクリックすると
他の写真一覧をみることができますよ☆

BACK NUMBER

2017/03/23
フラワーガール
2017/03/22
フラワーガール
2017/03/22
フラワーガール
2017/03/21
フラワーガール
1 2 3 4 544